海苔のちから
海苔は「一日二枚で医者いらず」といわれるほどの食材
海苔に含まれる栄養素はさまざまですが、主な成分をご紹介させていただきます。
・ビタミンA(皮膚や髪の健康を保つ)
ビタミンAには、頭皮や髪質などを保持する力や、視力の低下を防ぐ効果も期待できます。海苔2枚分に含まれるビタミンAは、ほうれん草46gに相当する量で、成長期のお子さんが1日に必要とする分量といわれています。ビタミンAは脂溶性なので、油脂と一緒にとることで吸収が高まります。
・ビタミンC(美肌作りをサポートする)
ビタミンCは体の酸化を防ぎ、コラーゲンの合成を助ける力を持つため美肌の効果が期待できます。一般的にビタミンCは熱に弱く加熱すると成分が破壊されてしまいますが、海苔に含まれるビタミンCは熱に強いのが特徴で、どのような調理法で食べても栄養素を壊さずに摂取することができます。
・鉄分(貧血予防に)
女性に多い貧血のほとんどは鉄分の不足による「鉄欠乏性貧血」です。海苔には鉄分も多く含まれており、約5枚分で牛レバー1切れ分に相当します。
・カルシウム(イライラしやすい方に)
骨や歯を丈夫にしてくれるだけではなく、神経や血液などにも働くといわれ、ストレス解消にも役立つのがカルシウムです。海苔2枚で牛乳約15cc分のカルシウムが摂取できます。
豆知識
体に良い食物繊維がいっぱい!
食物繊維は野菜に多く含まれていますが、海苔にも体にいい食物繊維がたくさん含まれています。海苔の食物繊維は野菜のものと違って柔軟なのが特徴で、胃壁や腸壁を傷つけることなく穏やかな整腸作用を行ってくれます。海苔を食べることで効率よく食物繊維がとれ、便秘を防ぎ、痔などの疾患を予防できます。また、コレステロールの代謝を正常化する作用があり、血中コレステロールの上昇を防ぎます。糖尿病や大腸ガンの予防にも大きな効果を発揮すると言われています。
質も量も優れているタンパク質
海苔はタンパク質が多いことが知られていますが、この量はタンパク質が豊富な食材として真っ先に挙げられる大豆と肩を並べるほどです。また、海苔のタンパク質は質の面でもすぐれており、質の評価を示すプロテインスコアの数値や必須アミノ酸の含有量も高い値を表しております。量と質の両方の面から海苔は非常にすぐれた食品といえます。
EPA(エイコサペンタエン酸)・タウリンが豊富
海苔の脂質にはEPAといわれる不飽和脂肪酸が多く含まれています。EPAには血液が凝集するのを妨げるプロスタグランジンというホルモンをつくりだす作用があり、血栓予防に効果を発揮します。他にも悪玉コレステロールを減らしたり、肥満の原因の中性脂肪を減少させたりする働きがあることが解明されています。
EPAと同じく悪玉コレステロールを低下させるのに有効な働きをするのがタウリンという成分です。タウリンは脳疾患や心疾患に効果があるとされ、海苔にも豊富に含まれています。生活習慣病から身を守るためにも、海苔を積極的に食事に取り入れましょう。
海苔はビタミンの宝庫
海苔にはビタミンAに変わるβカロテンをはじめ、ビタミンB1、B2、C、ナイアシンなどが普通の野菜の10~100倍も含まれています。他にもビタミンB6、パントテン酸、葉酸、さらに植物性の食品にはほとんど含まれないビタミンB12や、抗酸化作用を持つビタミンEも多く含まれます。これらのビタミンは体内の代謝を正常にし、健康維持には欠かせない栄養素です。海苔に含まれるビタミンB1は豚肉の1.5倍、ビタミンB2は牛乳の22倍、さらにビタミンCは海苔100g中100~800mgも含まれ、レモンやトマトよりずっと多くなっており、まさに海苔はビタミンの宝庫といえるでしょう。
注目のβカロテン
海苔には多くのビタミンが含まれていますが、その中でも目を引くのがβカロテンの量です。βカロテンは体内に取り込まれるとビタミンAに変わる特質があります。つまり、海苔にビタミンAそのものは含まれていなくても、βカロテンが吸収されてビタミンAに変換されるのです。計算では成人男子が1日に必要とするビタミンA量の約4分の1が海苔1枚で補えることになります。ビタミンAは視力を正常に保つのに大切な成分であるだけでなく、不足すると体内の粘膜や皮膚がカサカサになったり、風邪などに対する抵抗力が低下するなどの障害も現れます。また、骨や歯などの成長にもなくてはならないものです。βカロテンを多く含む海苔は、これらの疾患から身を守る心強い味方です。
ガンの元凶を撃退
ガンの元凶といわれる活性酸素の働きを抑えるのに有効なのが、ビタミンE、βカロテン、ビタミンC、メラトニン、共役リノール酸などの抗酸化物質と呼ばれる成分で、海苔にはこれらの多くが含まれています。また、海苔の糖質の中のヌルヌル成分(ポルフィラン)は免疫作用を強化させ、ガンの発生を防ぐことが明らかになっています。ポルフィランは外からガン細胞をやっつけ、内から免疫力を強化させるという二重の働きをしてくれます。日頃から海苔を食べてガンになりにくい健康な体をつくりましょう。
動脈硬化の防止に
海苔には血栓を予防する働きをもつ不飽和脂肪酸のEPAがたくさん含まれます。
それだけではなく、EPA同様に血中コレステロールを下げるタウリンや、食物繊維のポルフィラン、カルシウム、マグネシウムなどがバランスよく含まれています。海苔を積極的に食事に取り入れれば、それぞれの成分の働きで動脈硬化も防げることになります。
老化防止にも一役
食物繊維の多い食物をとることで、腸内で有害物質を作り出す悪玉ウェルシュ菌を繁殖しにくくし、老化の速度を遅らせます。海苔には良質の食物繊維が多く含まれていますので、普段から海苔を口にすることで自然と老化が防止されます。それだけでなく、海苔に含まれるEPAは血管の中を若々しい状態に保ち、バランスよく含まれたミネラルは細胞を活性化します。さらに海苔にはビタミン類や美しい肌をつくるエラスチンも豊富に含まれており、老化を防ぐにはもってこいの食材といえるでしょう。
酒の友にも最適
お酒を飲むとアルコールが血液にのって全身を循環し、肝臓で分解作業を行います。
この分解作業ではタンパク質が消費されるため、お酒を飲む時はタンパク質を補う食べ物をとることが大切です。海苔にはタンパク質が豊富に含まれるため、お酒には最適の友といえます。また、強肝作用のあるタウリンも多く含まれるため、海苔をおつまみにすればタンパク質が補え、肝臓の働きも高まることになります。
参考資料:チクマ秀版社発行「海苔の驚くべき効用/野田宏行・岩田静昌」